琵琶湖水位低下だからこそ見えてくるシャローエリア
琵琶湖水位低下だからこそ見えてくるシャローエリア

琵琶湖水位低下だからこそ見えてくるシャローエリア

アークロイヤルボートクラブの田口様より現在の琵琶湖水位がー80cm位下がってるそうです。

こういう時こそシャローエリアがあらわになって湖底把握やストラクチャーの位置なんか露わになってきて来年のスポーニングシーズンの参考になるそうです。
水位が低い今でこそ見えてくるものがあるので、この土日は皆様で琵琶湖に見に行ってみてはいかがでしょうか?

普段は見えない沈船も見えてます。

ただ水位が下がっている時は注意点もありますので、ボートで琵琶湖に出られる際は各マリーナ様の指示にはしたがって航行してくださる様お願い申し上げます。

通常の事柄に加え、

  • いつも航行できるエリアでも水位が下がって航行出来なくなることがあります。
  • 水深の浅いエリアではエレキを使用して移動され、船外機のペラを下げすぎないようにしてください。
  • マリーナの人に聞いて進入航路や進出航路を確認してください。
  • 各マリーナの注意事項にはしたがってください。
  • くれぐれも法令は厳守してください。

安全に琵琶湖を楽しんでください。色々注意事項もうしますが、このシャローエリア探索が来年の釣果に結び付くのでこの機会に琵琶湖で確認してほしいです。